FC2ブログ
ケンブリッジ生活 ~娘と共に~ 

イギリス・Cambridge大学 MBAに留学する夫と活発な2歳の娘の3人で過ごす 初海外生活の記録♪ Cambridge~London

ナーサリーでの“この”離れ 06/12


今朝ナーサリーへ娘を連れて行くと、娘のクラスを担当している保育士さんから、「“KONO”って何のこと?」と言われました。聞くと、娘はナーサリーで時々“KONO…”と言うそうなのです。   もちろん、私にはすぐに分かりました2以前にも度々書いたことのある、娘の必須アイテム、黒いベロア生地風のスエット“この353”のことです291                                                     私が“この”を指差しつつ、これのことだと言うと、保育士さんも、納得という表情で頷いていました392


さて、その“この”ですが、Pre-School 1(上のクラス)にあがってから、ナーサリーの間は保育士さんに隠されてしまうようになりました330というのも、Pre-School 1では、以前のToddler 2のクラスよりも、さらに幅広いことをやらせてもらえるようなのですが、“この”を持っている為に片手がふさがっていて、思いっきり遊べないからです441初めて取り上げられた日は、半べそ状態445だったようですが、大泣きするわけでもなくその後は持たずに元気よく遊んでいたので、今後も持たせないようにしてもいいかと尋ねられました。“この”離れができるのであれば、出かけるときの荷物が減るので私にとっても有り難いかな343


そのような訳で、最近ではナーサリーまで“この”を持っていくものの、着いてまず手を洗いに行く時には取り上げられるようになりました。それで、たまに思い出して“KONO…”と言っているのでしょう。。


Pre-School 1に上がって、やはり良かったことが多いです267帰ってきてからも、以前のように「赤ちゃんと遊ばないの!」など言わず、「今日ナーサリーでお絵かきしたのよ」とか、「パスタとアップル食べたのよ」などと、その日ナーサリーで何をしたか、何を食べたかなどを色々と報告してくれるようになりました。新しいクラスのお友達の名前もほとんど覚えて教えてくれるというのも、楽しんでいる証拠だと思います266また、トイレ303も保育士さんに連れて行ってもらうこともなく、自分で行って、自分で用を済ませて戻ってくるそうです。とにかく、何でも自分でやらせるようにしているクラスなので、“この”に甘えることもなく、娘は鍛えられているのですね~。私の日々の生活より、娘は頑張っているように思います…351


DSC05102.jpg スナックタイム146


この8ヶ月、娘は、ナーサリーでお友達との遊び方を学んだり、家ではなかなかできないクラフトなど、様々なことを学んで成長したように思います。最初は、泣いていてかわいそうに思っていましたが、今思うと、週2回だけでも行かせていて良かったかな。。                                 ここでのナーサリー生活も、あと1ヶ月半程…263                                                       残りわずかの貴重なナーサリー生活、色々な国のお友達と、このまま楽しく過ごしてくれるといいなぁと思います69                                            

スポンサーサイト



Toy Libralyのお手伝い 04/30

午後から、Toy Libralyのお手伝いに行ってきました69以前にもToy Libralyについては書いたことがありますが、2週間好きな玩具を貸りることができるというものです。小学校の体育館を利用して、2週間に一回、月曜日に開かれているのですが、今日はそのお手伝いの担当でした343


まず体育館に保管されている沢山の玩具を並べることから始まりました282乗り物系の玩具から、衣装301、ブロック、ドールハウス112、楽器291、パズル等々、沢山の玩具を倉庫から出して並べます。その準備後、私は、返却受付の担当を任されました。といっても、作業は簡単で、ママたちが返しに来た玩具の番号をチェックしたり、延滞金のある人からは徴収したり…295といった感じなのですが、そんなときに限って、娘は私のそばから一時も離れず、ずっと膝に乗せたままで対応しなくてはならなかったこと…が大変でした330


娘は、水疱瘡をしてから、少し気持ちが弱くなっているようです。さらに、昨日から多少風邪気味441この場所にも、あまり慣れていないことなど、複数の理由が重なり、今日はこんな調子だったようです263


以前来たときよりも、沢山の人が貸し借りに来ていたようで、慣れない仕事をバタバタとしているうちに、あっという間に担当時間が終了267お手伝いをすると、無料で2つ玩具を借りられることになっていたのですが、娘がこんな状態で帰りたがっていたので、さっと一つだけ選らんで、お借りしてきました78 知り合いのママからは、「いい玩具選んだわね!」と言われましたが…短時間で選んだので娘は気に入るかどうか。。


それにしても、実際お手伝いしてみると、改めて玩具の準備、片付け、管理など毎回行っている主催者(ボランティア)のママは、大変だなぁと思います。でもそのおかげで、多くの子どもたちが様々な玩具で遊ぶ機会を持てているので、特に室内遊びの多い冬場は有り難いものです。


おそらく、お手伝いは今回が最後だと思いますが、影の努力を垣間見れるいい経験でした343


DSC07392.jpg Libraly受付から94353

久しぶりのトドラー&公園 04/27

久しぶりにトドラーへ行ってきました343(先週は旅行、そして水疱瘡などで行かれず…441) 


仲良いお友達とも久しぶりに会うことができ、娘は楽しかった様子。トドラーの後も、お昼寝もせずに公園で元気に遊んでいました。                                       この公園は、ケンブリッジで知っている公園53の中で、一番遊具があるように思います420


DSC07358.jpg トドラーにて                            娘より半年だけお姉ちゃんだけれど、同学年のMちゃんとは、トドラーの時から、公園へ行ってからもずっと2人で遊んでいました344


DSC07368.jpg DSC07372.jpg
DSC07371.jpg DSC07374.jpg


他にも、滑り台が何種類もあり、アスレチック系の遊具もあり、小さい子から大きい子どもまで楽しめ、とても充実しています352


DSC07375.jpg DSC07376.jpg


今週は日によってですが、暖かい日は夏日のようで、日焼けしそうなほどでした278         これからますます暖かく、トドラー(室内)より、外遊びの方が子どもにとっては楽しめるような気がします。


こうやって仲の良いお友達と頻繁に遊べるのも、あと3ヶ月。。素晴らしいケンブリッジの緑22の中で、できるだけお友達と遊べる機会を持たせてあげたいです267                      娘は将来、ここでの生活、覚えていてくれるかな。。


0427.jpg 大きくなっても仲良しでいてね415

ナーサリーでの不安… 04/26

先週は、旅行に行っていた為、娘はナーサリーをお休みし、今週久しぶりのナーサリー78に行ってきました。(旅行でなくても、水疱瘡449で行かれなかったと思いますが330)                        もう感染力はないとはいえ、水疱瘡の痕(かさぶた)が、まだ沢山残っている娘。ナーサリーに連れて行っても大丈夫なものか、ナーサリーの保育士さんに尋ねなくては…と、不安ながらも説明するつもりで行ったのですが…こちらが言葉を発する間もなく、保育士さんは娘の顔を見るなり、「H(娘の名前)!水疱瘡ね。さあ早く座って~69」と。。                          ちょっと拍子抜けしてしまいました351


同じナーサリーに4歳のお子さんが通っているママの話によると、「先月くらいからナーサリーで、水疱瘡が流行っていて、うちの子もまだ痕が残ってるのよ。」とのこと。その話からすると、うちの娘は、流行に少し遅れて乗ってしまったようです351それで見慣れていた保育士さんたちは、こういう対応だったのだと、納得410


そして、今週は2日ともナーサリーに通うことができたのですが…


最近、少し娘のナーサリーでの生活が気がかりです441というのも、娘は、先月くらいから、ナーサリーから帰ってくると、「お友達やなの。」「赤ちゃんきらい。赤ちゃんと遊ばないの。」などと言うのです263そういえば、今の娘のクラスは、2歳までの子のクラス。娘は1歳8ヶ月から入園したので、その時はそのクラスで良かったのですが、今はもう2歳2ヶ月。おそらく、今のクラスでは娘が一番大きいのです。そのため、同じクラスのお友達が、娘から見ると赤ちゃんに見えるらしく、遊びも違うので、つまらないのだと思います。


一時期楽しそうに通っていた娘の変化に、少し心配になり、先日私は娘を預けた後、しばらくこっそり娘の様子を見ていることにしました。(人に見られたら、かなり怪しい姿だったと思いますが…)                                                        すると娘は、椅子に座り、年下の子たちが遊ぶ様子を大人ぶった様子で眺めているだけ330そして、小さい子がバブバブと近づいてくると、「No!」と一言。大人から見ると、まだまだ赤ちゃんに見える娘のこの様子には、ちょっと笑ってしまいそうでしたが、娘としては辛い状況なのでしょう。唯一、外遊びの時だけは、大きい子たちとも一緒に遊ぶことができるので、その時は3,4歳のお姉ちゃんたちと、笑って遊んでいました343


そこで、お迎えに行った時に、保育士さんに1つ年上のクラスに行かせてもらえるように頼んでみることに。すると、娘は、たまに年上のクラスにVisitで慣らしているので、来月くらいにはひとつ上のクラスになると思うとのこと69しかし、ひとつ上のクラスというのは、2歳~3歳過ぎの子までがいて、皆ほとんど自分のことは自分でするクラスなのだそうです。着替えや、手洗い、もちろんトイレ303も。(ナーサリーのトイレは、少し低く作られているので子どもでも自分で座れるそうです)


そして、娘にはひとつ問題が…。以前心配していた、トイレの回数も通常通りになったそうなのですが、トイレにもいつも私の黒いスウェット、(それを娘はなぜか「この」と名づけていますが…)を、抱えて手放さないそうなのです。そのため娘の両手はふさがっていて、座っている時に手すりに掴ることができないので、多少支えてあげないといけないのだそう330「徐々に練習すれば大丈夫113」と言われましたが、、。


「この」は、娘がどこにでも持って出掛ける娘の非常に大事な物267こちらのママ友達にも、覚えられている娘の必須アイテムです392といっても、家の中では寝る時以外は、それほど執着していないのに、ナーサリーではトイレにまで持っていってしまう。やはり、言葉も違う(どちらのクラスにも日本人はいません)、集団生活には不安な気持ちがあり、「この」があることで気持ちが落ち着くのでしょう。。                                                       「この」から卒業させることは、まだまだ難しそうなのですが、トイレの時だけでも手放せるようになって、早くひとつ年上のクラスにいけるといいなぁと思います、、、。                    来年4月からは、幼稚園…日本の幼稚園にはさすがに持っていけませんよね?


DSC05986.jpg
娘が持っている黒い塊が「この」42

沢山遊んだ1日★(2度目のプール) 03/09

今日は、とってもよく遊んだ1日でした267                                    午前中、同じフラットに住む中国人のお友達Wさん親子と、バス216に乗って、いつものトドラーへ113


トドラー 朝から大はしゃぎ404


トドラーの後、今日で2学期の授業が終了した主人と合流し、ランチ146


Browns      主人の学校の隣にある「Browns」 左後ろのカラフルな建物が、主人の学校377


Browns店内 広い店内420              天井も高く、明るい雰囲気254


Brownsランチ イギリス料理らしいお味410 左:海老グラタン? 右:チキン160&ベーコン(固かったです330…焼きすぎ?!)


学校が近いこともあり、主人は来たことがあったようですが、私と娘は初めて。今日は暖かかったこともあり、オープンカフェ93を楽しんでいる人たちもいたりと、雰囲気はなかなか素敵です353


ランチ271の後は、インドネシア人のAのお誘いで、Aのカレッジの敷地内にある室内プール471に行くことになっていました。参加したメンバーは、日本人母子3組、韓国人母子、ベルギー人母子、そして誘ってくれたインドネシア人A母子の計6組です。                           ガラス張りの綺麗な室内温水プール352  実は、昨年10月にも一度そのプールへ行かせてもらったことがあるのですが、そのときはシャワーが壊れていてお湯が出なかった為、プール自体は楽しかったものの、寒かった~という記憶の方が強く残っていました。


それもあり、水着413は一応準備をしてきていたものの、今日はプールに入ることを直前までかなり迷っていたのですが、プールに着くと娘が「お風呂入る入る!」と(プールのことをお風呂48と言っていましたが351)とても入りたがっていたので、結局入ることにしました。


プール      プールサイドに出ると、今にも飛び込もうかという様子で、入る気満々420の娘413プール 仲良しのMちゃんと28
プール 浮き輪357につかまって343


子ども達だけではなく、私たち大人も、久しぶりのプールをかなり楽しんでしまいました266  前回の寒かった~60という印象も吹き飛び、とっても楽しい291という印象だけに変わり、思い切って入ってみて本当に良かったです。


そして、プールの後は、お腹が空いているはずだからと、Aがとっても美味しい食事を用意しておいてくれました。さすがA352                                           1日いっぱい遊んだ娘は、帰宅途中のベビーカーで寝てしまい、そのまま朝までコース75                                                      金曜日の今日は、親子共々、気持ちもお腹も大満足な1日を過ごしました345

 | HOME |  »

プロフィール

hrk☆mom

Author:hrk☆mom

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

月別アーカイブ

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

カウンター