ケンブリッジ生活 ~娘と共に~ 

イギリス・Cambridge大学 MBAに留学する夫と活発な2歳の娘の3人で過ごす 初海外生活の記録♪ Cambridge~London

スポンサーサイト --/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ナーサリーでの“この”離れ 06/12


今朝ナーサリーへ娘を連れて行くと、娘のクラスを担当している保育士さんから、「“KONO”って何のこと?」と言われました。聞くと、娘はナーサリーで時々“KONO…”と言うそうなのです。   もちろん、私にはすぐに分かりました2以前にも度々書いたことのある、娘の必須アイテム、黒いベロア生地風のスエット“この353”のことです291                                                     私が“この”を指差しつつ、これのことだと言うと、保育士さんも、納得という表情で頷いていました392


さて、その“この”ですが、Pre-School 1(上のクラス)にあがってから、ナーサリーの間は保育士さんに隠されてしまうようになりました330というのも、Pre-School 1では、以前のToddler 2のクラスよりも、さらに幅広いことをやらせてもらえるようなのですが、“この”を持っている為に片手がふさがっていて、思いっきり遊べないからです441初めて取り上げられた日は、半べそ状態445だったようですが、大泣きするわけでもなくその後は持たずに元気よく遊んでいたので、今後も持たせないようにしてもいいかと尋ねられました。“この”離れができるのであれば、出かけるときの荷物が減るので私にとっても有り難いかな343


そのような訳で、最近ではナーサリーまで“この”を持っていくものの、着いてまず手を洗いに行く時には取り上げられるようになりました。それで、たまに思い出して“KONO…”と言っているのでしょう。。


Pre-School 1に上がって、やはり良かったことが多いです267帰ってきてからも、以前のように「赤ちゃんと遊ばないの!」など言わず、「今日ナーサリーでお絵かきしたのよ」とか、「パスタとアップル食べたのよ」などと、その日ナーサリーで何をしたか、何を食べたかなどを色々と報告してくれるようになりました。新しいクラスのお友達の名前もほとんど覚えて教えてくれるというのも、楽しんでいる証拠だと思います266また、トイレ303も保育士さんに連れて行ってもらうこともなく、自分で行って、自分で用を済ませて戻ってくるそうです。とにかく、何でも自分でやらせるようにしているクラスなので、“この”に甘えることもなく、娘は鍛えられているのですね~。私の日々の生活より、娘は頑張っているように思います…351


DSC05102.jpg スナックタイム146


この8ヶ月、娘は、ナーサリーでお友達との遊び方を学んだり、家ではなかなかできないクラフトなど、様々なことを学んで成長したように思います。最初は、泣いていてかわいそうに思っていましたが、今思うと、週2回だけでも行かせていて良かったかな。。                                 ここでのナーサリー生活も、あと1ヶ月半程…263                                                       残りわずかの貴重なナーサリー生活、色々な国のお友達と、このまま楽しく過ごしてくれるといいなぁと思います69                                            

スポンサーサイト

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://cambridgelife2006.blog77.fc2.com/tb.php/161-814e003f

 | HOME | 

プロフィール

hrk☆mom

Author:hrk☆mom

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月別アーカイブ

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

リンク


FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。